タカハシマキ
プロップスおばけ

自分のプロップスを周りのものや人で上げようとする人。
最近、熱心にマッチングアプリを利用しているんだけど、またそんな輩とマッチしてしまった。

マッチングアプリには3枚くらい写真が載せられていて、ちょっとかっこよかった。自然な流れで飲みに行くこととなったが、LINEを交換したあたりから薄々、「あの手のタイプ」の匂いが漂っていた——。

相手のチョイスで三茶の三角地帯にある居酒屋へ。
開口一番、「俺はいま、大手広告代理店にいるんだけど、どう?」だって。

どう???どうもしませんけど。

1杯目の酒に口をつけた瞬間、
「へー、ウェブメディアで働いているんだね。それなら俺と話せばいろいろ有意義だと思うよ」って。

はあ、美味しくお酒を飲むのがこの場に求める意義じゃないんでしょうか。

頼んだ串の盛り合わせが届く頃には、随分盛り上がってしまったようで、
「出版社の人とつながりあるから、今度紹介してあげるよ」 と頼んでもいないのに、紹介してくださるそうだ。

いや、つなげなくて結構。
つながりってなんやねん、と北関東出身なのに思わず関西弁が出てしまった。

挙句、「仕事で成功したいなら、酒もっと飲んだ方がいいよ。感染が猛威をふるう世の中だからアルコール除菌は大事でしょ?あはは」なんて意味不明なことまで言ってきた。

さむっ……開いた口が塞がらないとはまさしくこれ!

セクハラ、パワハラ、ミソジニー。シンプルに気分悪い。なるほど、この人は自分に自信がないから、服やスニーカー、知り合いの名前を鎧として纏うんだなあ、と思いました。

どこに勤めているとか、どんな間取りの家に住んでるとか、インスタで誰にフォローされているとか。
そんなことはどうでもいいと思うんだけどね。

あと、テレビを見ないことをかっこいいことかのように自慢する人も苦手なんだよなあ。
「俺って、家にテレビない人だからさ。最近は、SNSからも離れたコミュニティにいるしね」

どんなコミュニティだよ、火星にでもいらっしゃるのかしら。

Seiji Watanabe
流行りの「ノーリング」やってみた

外出先から自宅に戻って、持ち物やポケットのなかのものをテーブルのうえにぶちまけたら、奇跡的にノーリングが完成したので、流行りのフラットレイの写真を撮ってみた。

……いや、嘘だけど。ものすごく一生懸命に並べたけど。
個人情報とか晒しちゃわないように、ものすごく映り込みとか気にしたけど。
どうも、ウェブメディア「TABI LABO」を運営する「NEW STANDARD」勤務の長髪の男性で……あ。

財布、鍵、煙草、サングラス、腕時計、ライター。会社にも遊びにも必ずもっていく必須の七つ道具。いや、六つ道具。趣味・趣向、世代がわかっちゃいそうなラインナップだけど、このフラットレイの写真で注目してほしいのは、そこじゃない。

お気に入りの腕時計「ハミルトン」社製の「ベンチュラ」。6針のクロノモデル。只今の時刻、10時05分。で、下の写真を撮った時刻は10時19分。

「ん?」って思った人、いません? 盤面の中央から生えてる、細くて長い針が12時のところを指したまま。「秒針、死んじゃってんじゃん」って思った人、いません?

いいえ、壊れてなんかいないし、もちろん針が12時のところを指した瞬間に撮ったものでもありません。6針のクロノグラフのこの針、じつは「秒針」ではなく「ストップウォッチ」なんです。

この腕時計の秒針(スモールセコンド)は、6時の位置にある小窓のなかの針。ちなみに2時の場所にある針が「1/10秒計」で10時のところにあるのが「30分計」。ま、日常生活で「1/10秒計」と「30分計」はまず使うことなんかないんだけど。

針の配置や単位などはメーカーやモデルによって異なりますが、世の中の多くのクロノグラフの「秒針みたいなやつ」は「秒積算計」というストップウォッチ機能を担った針なんです。「へぇ〜、知らなかったわ」っていう人、意外と少なくないはず。「知ってるよ、そんなの」って人、あぁそうですかすみませんもういいません。

あ! ちなみにこのベンチュラって腕時計、尖った部分が洋服に引っかかって生地がビリってなったり糸がピローンってなったりすることがあるのでお気をつけあそばせ。

タカハシマキ
10秒チャージ

当たり前で不思議なことだけど、読まないと書けない。

インプットを億劫にして、ひたすらパソコンを叩いていると、大体プロットの大筋から外れてくる。オフィスのある池尻大橋から渋谷に行くべきだったのに、気づいたら登戸に着いていた、くらいの外れ具合。しかも、なぜか溝の口で1回乗り換えてるじゃん、みたいな。

できる限り遠くから眺めてみたり、おにぎりを食べたりして、一旦リセットしてみるんだけど、散漫した情報を整理するには、やっぱり書くしかない。

そんなときはブックマークに追加しているブログやコラム、編集部に転がっている本をぱらぱらめくってみる。小説でもエッセイでもなんでもいいんだけど、読めば不思議とまた指が動き始めるんだよね。

いちばんのおすすめは短歌。限られた文字数に、多すぎも少なすぎもしないの絶妙な情報がきれいに収められているのって、ウェブの記事に通ずるところがあるんじゃないかなあなんて、勝手に思ったりもしているけど。どこから読み始めても面白いし、さくっとインプットできるから、いつも鞄に忍ばせている。

その感覚って、まさに「能みそのウイダー in ゼリー」。

自分では結構うまいこと言ったつもりで、Twitterでつぶやいたんだけど、誰からもレスポンスはなかったんだよなあ。

Riku Oshima
私生活が4倍くらい楽しくなるアプリ

ちょうど4倍くらい。いや、4.3倍くらいかもしれない。
私生活が少しだけ楽しくなるアプリを紹介します。

そのアプリは航空機を追跡できる「Flightrader24」というアプリ。

驚くことにこのアプリ、全世界で飛んでいる航空機やセスナの位置情報と
行き先、出発先が全て分かるんです。もちろん国際・国内便問わず全てです。


ちょっと暇な時、意味もなく空港を訪れ、飛行機を眺めるとき、行き先と出発先がわかると、「空港ってこんなに楽しかったんだ!」ってなります笑

また、最近は街中を飛んでる飛行機を見ると、アプリで詳細を特定して「羽田発、ロサンゼルス行きか…。アメリカへの旅行にワクワクした気持ち、はたまた、日本での長い生活を終えたアメリカの方が、寂しくも故郷に帰る…そんな別れも乗せているのだろうか」など乗っているかもわからない架空の人に、物思いにふけったりするのも楽しいです。

あ…いま空を飛んでる飛行機は”ロンドン発羽田行き”。
イギリス紳士よ、Welcome to JAPAN!

SHOTARO KOJIMA
僕が3連休で44kmも歩いた理由

先週、産業医の先生に呼び出しをくらいました。

健康診断の結果に関して、ということは聞いていたので、ちょっと不安に。

タバコの吸いすぎかな?とか、二日酔いで健康診断に行ったのがバレたかな?とか、いろんなことを思いつつ、産業医の先生と面談。

言われたのは「ちょっと肥満気味ですね。気をつけてください」ということ。うるせーよ。

まあ、確かに自分でもそれは気になってました。前はジムに週4で行っていたのに、今はその時間でNetflixのドラマを観ています。周りの友だちからも「最近、デカくなったね」と言われるし。やっぱり、運動不足は否めません(肥満は認めないけどね)。

肥満気味と言われたら、ちょっとイラっとします。その場で「いや、アメリカのスタンダードで考えれば、オレは問題ないと思います」と苦しい言い訳をしました。もちろん、納得してもらえず……。無念。

そんなことがあってからの週末。しかも、3連休。

ふと僕は、42.195kmを3日間で歩けるかな?と思ったんです。散歩は好きだし、考えるだけでもワクワクしていました。

結果、3日間かけて、合計44kmも歩いて、目標を達成!

嬉しいな〜と思いながら、僕は何も考えずに「ウォーキング カロリー消費」と調べていました。心の中では「お、いい感じで痩せられそうじゃん」と。

でも、これって、産業医の先生に言われた「肥満気味」を気にしてるってことです。そう気づいてから、テンションは下がり気味。

これだから他人の人生に土足で入り込んでくる人は嫌いなんですよね。ほんと、無責任。

ただ、このサイトで計算したら、3連休のウォーキングでのカロリー消費は、控えめに言っても2500kcal以上。う、嬉しい。

なんか、めちゃくちゃ悔しいんだけど、ここは素直になりたいと思います。

産業医の先生、ありがとうございますっ!!

平野星良
町中華でゴキゲン

曇天の週ナカ。
気分を上げたいときは、
オフィス近くの町中華。
それと、「スープアート」ね。

Seiji Watanabe
古都・京都に誕生したプレミアムな喫煙所

2019年10月30日に京都・東山にオープンした「パーク ハイアット 京都」。

東京随一と謳われるラグジュアリーホテル「パークハイアット 東京」開業から25年のときを経て“京の都”に誕生した同ホテルは、トラディショナルな和の要素に都会的でモダンなセンスをプラスしたエクステリア&インテリア、そして、日本ならではのおもてなしの心が隅々まで行き届いたサービスが話題となっています。

今回は、そんな日本を代表するプレミアムゲストハウスの喫煙所のご紹介です。

毛足の長いカーペットが敷き詰められたフロアにあらわれる部屋の扉は、美しい木目を活かした木戸作り。引き戸を開けると、そこにはしっとりと濡れたような表情をみせる石張りの床が。

空間の中央に据えられた空気清浄機は、寄木細工を思わせる板で装飾されており、まるで気鋭の現代作家が手がけたコンセプチュアルアートのような佇まいです。

そして天板のうえには、燻された炭色の鋳造製の灰皿が──ふたつ。
京都・龍安寺の枯山水を想起させる、計算され尽くした配色と配置に心が落ち着きます。

古(いにしえ)の美と、紫煙(しえん)に酔うとき、ここにあり──。

「パーク ハイアット 京都」の喫煙所は、地下二階、宴会フロア横です。